かもみぃゆ

~SAVON FAIT A LA MAIN~

49バッチ目。本物のキャスティール?

3年まえ、エクストラバージンオイルで100%オリーブオイルのキャスティール作ってみました。
トレースが出にくい石鹸の場合、トレースが出るまでほおっておくという方法もあるようですが、
私はサッサと型入れしたいのでブレンダーを使いました。
でも回しても回してもサラサラなのには参りました。
だんだんブレンダーが熱くなってきて壊れるんじゃないかと思ったころ、
やっとゆるゆるトレースが出てWAXTEXを内側に巻いたチップスターの空き箱に型入れ。

OIL:EXVオリーブ908g(1L)
OP:なし
DC:15%


香りも色もなにもつけなくてこの色です。すごく自然なグリーン。100%ピュアとは全然違ーう♪
49.jpg

で、2日後、型出ししてからもなぁんかやわらかいし、カットもそこから1週間後、
スタンプなんか3か月後なのに軽くできるぐらいでした。
なんとも扱いにくく、できたらもう作りたくないと思った石鹸です。

でも3か月の熟成期間後の使い心地はサイコー♪
いろんなオイルを混ぜてたのより1番よくて、思ったより溶け崩れもなかったです。
とにかく1L分作りましたので「3年後には○レッポの石けんみたくなるのかなぁ。ウフフ♪」とか言って
熟成させておきました。

1年後、使ったら泡立ちがすごいクリーミーで、いいものを使ってしまったときの不幸を味わってしまいました。
おいしいものを初めて食べたとき、いいものに出会ってしまったとき、もうほかにはいけない不幸がありますよね…

気が付いたらもうすぐその3年後。
使ってみましょう。そうしましょう。
使ってみたらまた追記でもしようと思います。
そしてまた「3年物じゃないと!」って不幸になるんでしょうか…

参加してます。
よろしければクリックおねがいします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
にほんブログ村
  1. 2011/10/24(月) 03:35:14|
  2. 2008年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

43.液体石けん。(アルコール)

5バッチ目から苛性カリを使ってシャンプーを作っていた私ですが、
毎回何時間も湯煎するのにいい加減疲れてきました。
しかも私のお気に入りの配合はトレースが出ないし、4時間から長くて7時間湯銭したこともあります。

そこで石けん作りをはじめて約半年、そろそろアルコールありで作ってみることにしました。
(よく考えたら半年で42バッチも作ってたのね。ビックリ!)

とりあえずこの本を穴が開くほど見て予習。


どきどきのアルコール投入。しゅわしゅわ~♪
1_20111023005337.jpg

ひまわりハイオレ200g、椿OIL80g、パーム核200g
今ではこの量で6Lのお鍋いっぱいに反応しますが、最初はビビってOILの温度を上げきれてなくて
あんまり反応しませんでしたのでエタノール投入後、少し加温しました。
ちょっと怖かったです…

ちなみに普段このタイプのホイッパーを使っているのですが、


1度、普通のステンレスの泡だて器を使ったら接続部分が外れてびっくりしたことがあります。
(あんまり衝撃的だったので思わず記念撮影)
2_20111023005337.jpg

外れて鍋の中に落ちた泡立て部分でモコモコモコモコ反応してお鍋からあふれてしまいました。
大きなフライパンでの湯煎だったのでなんとかなりましたが怖かったです。

アルコールを使った液体石けんは、「いったい今までの苦労はなんだったんだろう…?」と思うくらいの
手軽さでしかもすごい透明!アルコールなしのときの濁りはありません。
一応1日保温をしますが、使ったお鍋はそのまま洗えるし、すばらしいですね。

白髪染めが落ちやすいのを除けば。の話ですが。いいよもう…真っ白のまんまでおるから…

ところで、ガムを入れて粘りをつけたり、泡ポンプに入れたりいろいろしましたが
今は希釈後、そのまま精製水の空きボトルに入れてチューーーーっと出しながら使ってますがみなさんはどうしてますか?
s-P1010521.jpg

参加してます。
よろしければクリックおねがいします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
にほんブログ村
  1. 2011/10/23(日) 01:39:31|
  2. 2008年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

42バッチ目。メイドインオレ。

これは今、中2の息子が小5の時の夏休み。
「自由研究、なにしようかな」と言うので「じゃ、石けんでも作ってみたら?」と言ったのがはじまり。
素人の石けんお教室となりました。

なにせ素人先生なのでむりやり着せた長袖をいつのまにか勝手に脱いでいることも気づかずの作業。
危ないよ…あほぅ

とりあえず300gの少量バッチで。
42-2.jpg

「デザインはどんなんがいい?」って聞いたら「黒!」ってやっぱり男の子ですねぇ。
ワタクシの石けんを少し足して差し上げました。
42-3.jpg
あら。頑張ってグルグルしたのね。けっこうこってりトレースではないですか。

2学期に間に合わせて7月25日に仕込んだ石けんは無事、解禁を迎え、満足そうに提出していました。
42-4.jpg

それから約1か月、学校の教室のガンガンにお日さんが当たる棚の上に飾られていたため、
戻ってきたころにはばっちり酸化臭がしたことは言うまでもありません

OIL:オリーブ、パーム核、ラード、ミリスチン、ステアリン、シアバター
OP:メリッサFO、レモングラスFO、酸化鉄黒


ところでこのメリッサFO。
探してるんだけどどこにも売ってません。
確かチープローズで買ったと思うんだけどもうないんです…
ものすごい息子のお気に入りでまた欲しいのに…
どなたかご存じありませんか?

参加してます。
よろしければクリックおねがいします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
にほんブログ村
  1. 2011/10/22(土) 02:45:40|
  2. 2008年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

41.はじめてのオーダー、キャスティール。みたいな。

家族が使うほかは母と、1部のお友達に差し上げていた石けんですが、
みるみる肌の変わってきた母が「なんかチガウ!化粧品変えた?」と言われ
「実は娘が…」と手作り石鹸の話題を持ち出したのがこのころ。

まず私の叔母からご注文をいただきました。
毎年ひどいあせもに悩まされているとのこと。
経験が浅い私が作っていいものかと思いましたが、「試してみてお肌に合うようなら」と
何個か試供品として差し上げたところ、「これがいい!」と言われたのがキャスティール。
ええっ?これ???こんなのでいいの?

41-1.jpg
このころは100%ピュアを使ってるので石けんがクリーム色ですな。

人に差し上げるものなので張り切って作りました。
が、マーブルがマーブルに見えずただの溶け残りに見えます
トレース軟らか目のときに入れちゃった♪ふふふ♪

今でもマーブルは好きでよく作りますが、やっぱり失敗するときがあります。
キャスティールは特に軟らかいのでマーブルにしようなんて無謀ですね。

41-2.jpg
ふざけて某ブランドのマークのスタンプを作ってしまいました。反省してます…

OIL:オリーブ(100%ピュア)400g、ラード100g、ミリスチン3g(ほんの気持ち)
OP:ピンククレイ、ウルトラマリンブルー、ベビーパウダーF.O


私の石けんを1番初めに欲しがってくれて
「あせもができなくなった!かもみぃゆちゃんの石けんがなかったら私、死んでしまう」と言ってくれた人。
このあと、ずーーーーっと今でもお得意様。
こんなショボイ石けんなのに喜んでくれて、石けん作りに自信をくれた人です♪
ありがとう、叔母さん!

参加してます。
よろしければクリックおねがいします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
にほんブログ村
  1. 2011/10/21(金) 03:01:32|
  2. 2008年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

38バッチ目。セサミのさっぱり石けん

手作り石けんのよさがわかって自分の肌の調子がよくなってくると、
今度はダンナちゃんの石けんに工夫がしたくなりました。

ウロウロとソーパーさんのブログを徘徊します。
そこで見つけたのが太白ごま油
そういえば紫雲膏を作るときに何本か買ったのがまだあったハズ。と作ってみました。
さっぱりする石けんができるそうな。

型出し直後は美しい…さすがアクリルモールドです。
このころはアクリル板を注文して自分でくっつける、いわゆる自作モールドを使っていました。
38-1.jpg

で、ナイフでカット
まだソープカッターを持ってなかったんですよね。(買ったのは2009年です)
美しくないでちゅー
38-2.jpg

家族の分だからカットに気合が入らないというか。
味がよければ胃に入れば同じ、みたいな。はっはっは♪

OIL:太白ごま油、パーム核、ラード、同量、ミリスチン6%
OP:炭パウダーたっぷり、メンクリ(オイルの4%)


参加してます。
よろしければクリックおねがいします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
にほんブログ村
  1. 2011/10/20(木) 02:05:20|
  2. 2008年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

37バッチ目。カモミールと紫根のマルセイユ

かゆみがだいぶ治まった私の石けん作りはどんどん加速していきました。
次に使ってみたのは紫根
最近では老化にもよいといわれているようですが、紫雲膏という軟膏にも使われているようで、
(というか、このとき紫雲膏も作りました)
これは挑戦しなくては!と買いました。

紫根が届いてすぐに作りたかったので温出で出して
37-1.jpg

アルカリとの反応を楽しんで
37-2.jpg

ついでに市松模様にも挑戦して
名称未設定

しばらく経って見たら

なんじゃこりゃ?
37-4.jpg

変色してますね?まぁいいですけど。
ピンククレイはどこに行ったんでしょう?

1日目
OIL:オリーブ(カモミールinf)、パーム核、ラード、シアバター(S.F)
OP:紫根、オレンジE.O、レモングラスF.O、はちみつ

2日目
OIL:同じ
OP:フレンチピンククレイ、オレンジE.O、レモングラスF.O、クエン酸


試しに作ったし紫根の量も少なかったので、どっちがどっちかわからない色にはなりましたが
初挑戦盛りだくさんの楽しい石けんづくりでした♪

参加してます。
よろしければクリックおねがいします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
にほんブログ村
  1. 2011/10/19(水) 03:38:48|
  2. 2008年
  3. | コメント:0

35.36バッチ目。父の日の石けん

母の日の石けんを喜んでもらえたので調子に乗って次は父の日の石けん。

35バッチ目。シェービングソープ。
洗顔するわけじゃないからとことん泡立ちのみで、優しさなんか必要ないだろうと、

OIL:パーム核、ラード、ひまし油(S.F)、シアバター(←この辺優しさ求めてるクセに)
OP:フレンチグリーンクレイ、アラビアンサンダルウッドF.O


で、カヌレのモールドとプリンカップに作りました。
35-1.jpg
タヌキのような父にタヌキ。クマのようなダンナにクマ。
100均で買いました。鉢のコーナーですが。

35-2.jpg
ブラシはこちらで買いました。
とってもリーズナブルですが使いやすいようです。
女性のお顔にはデカすぎて不向き。


36バッチ目。男性用石けん。これも一緒に渡しました。
OPを見ればわかる、ニオイと汚れをどんだけ嫌ってんだという石けん。

OIL:ひまわり、パーム核、パーム、ミリスチン、ステアリン
OP:マリーンファンゴ、あずきパウダー、ピンククレイ、竹炭パウダー、ホワイトカオリン、
   ウルトラマリン、メンクリ、はちみつ、メリッサF.O、レモンF.O


なにもかも詰め込みすぎて保温がうまくいかずソーダ灰出現です。
36-1.jpg

保温中の石けんの中はどうなってるのかわからないのでドキドキ♪
36-2.jpg

男性用だし、どうしてもミリタリーにしたくて頑張ったけど、やっぱりソーダ灰のせいで残念な結果に。
36-3.jpg

デザインもビミョー…
どうやったらほかのソーパーさんのようなカッコいいミリタリーに仕上がるのか、いまだにわかりません。難しいです。



参加してます。
よろしければクリックおねがいします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
にほんブログ村
  1. 2011/10/18(火) 01:39:07|
  2. 2008年
  3. | コメント:0

32~34バッチ目

32バッチ目。
どんどんアレルギーがましになってきて、夜中に痒さで起きることもなくなってきたころ、
それでもあと少し。が終わりませんでした。
普通の人のような生活がしたくなります。
本当に痒かったときに比べればなんてことのない痒さなんですが、そうなると人間、贅沢になってくるもので
あと一押しが欲しくなりました。

そこで作ったのがランドリーソープ。
使いやすさを考えてリキッドにしました。
なぜか画像がないのですが、オイルはキャノーラ油と、ココナツ油で過アルカリぎみに作りました。
このころはまだホットプロセスで作っていたので4時間湯煎。

大変なのと、くさいのとで全部の洗濯には使いませんでしたが、直接肌に当たる下着だけ洗ってみたところ、
またひとつ、楽になりました。
今は、洗剤は市販の液体洗剤で大丈夫です。

33バッチ目。
ベビーソープ。
赤ちゃんにも使える石けんは誰にでも優しいはず。と考えて作りました。
33-1.jpg

27バッチ目と同じオイルですが私にはモザイク石けんを作るセンスがないようなので、
このあと作ったことがありません。
33-2.jpg

34バッチ目。
なんかおもしろい石けんが作りたくなりました。
カップの下の部分はオリーブ油、パーム核、ラード、ミリスチン、ひまし油S.Fで、ローズヒップパウダーを入れました。
ローズヒップパウダーを入れるとケーキのスポンジのように見えるのでおもしろいですね。
上の部分はひまわりオイル、パーム核、ラード、ミリスチン、ステアリンと、
黄色のクリームははちみつ++レッドパームオイルです。
34-2.jpg

あまったトレースでゼブラのつもりで作ったけど、全っ然見えませんね。
また挑戦してみょうかな。
34-1.jpg

このころの私には大作の2日に分けての石けん作りです。


ん~、やっと34バッチ目です。
現在に追いつくまでまだまだ時間がかかりそうです

参加してます。
よろしければクリックおねがいします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
にほんブログ村
  1. 2011/10/17(月) 00:33:00|
  2. 2008年
  3. | コメント:0

28、30バッチ目。母の日にプレゼント

いくつかの石けんを母にあげたところ、気に入ってくれたので母の日のプレゼントは石けんにしました。
それから4回の母の日がありましたが毎年プレゼントは石けん。楽でいいです…

2バッチ目の石けんを基本にオリーブオイル、ラード、パーム核、ひまし油、マカダミアナッツオイル、ローズヒップオイルを使いました。
28.jpg
オプションにはローズヒップパウダー、ピンククレイ。
おばかすがたくさんある母へのせめてもの優しさです。

それとシャンプーも試してみたいと言うのでシャンプーバーもプレゼントしました。
紅花油、ひまし油、パーム核油、椿油、パーム油、ミリスチン酸、ステアリン酸に
シルクパウダーとメンクリ(と、ウルトラマリン)を入れました。
30.jpg

ところで石けんシャンプーをはじめたころ、私は髪がギシギシに。
息子は「何日洗ってないの?」ってぐらいにネチャネチャに。
母も同じくネバついたそうです。
髪になにがへばりついてたんだろう…?

参加してます。
よろしければクリックおねがいします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
にほんブログ村

  1. 2011/10/16(日) 02:56:33|
  2. 2008年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

27バッチ目 カモミールのベビーソープ

この石けんが私の人生を変えた。
といっても過言ではない石けんです。
少しずつよくなってきたアレルギーですが、この石けんを使った時、ぐぐぐっとよくなったのを感じました。
27.jpg
少し溶け崩れしやすいので大きめカットです。

手作り石けんのホームページを参考に、ココナッツ油だけパーム核油に変えて
あとはラード、紅花油、ひまわりオイルです。
SFでひまし油と月見草オイルも入れました。

そしてカモミール
このあとどれだけオイルを変えてもアレルギー用にはカモミールだけは絶対入れています。
もっとたくさんのハーブを入れないと効果が少ないというのを最近知りましたが、
このとき入れたのは505gの石けんに対して15g。
それでも十分効果はあったと思います。

手作り石けん+カモミールのおかげで私の肌はあと1歩のところまでいきました。

参加してます。
よろしければクリックおねがいします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
にほんブログ村
  1. 2011/10/15(土) 00:07:23|
  2. 2008年
  3. | コメント:0

22~25バッチ目

22バッチ目。
このころは手作り石けんのおもしろさを知って、3日とあけず、1日2バッチ作ったりしていました。
新しいことがしたくてたまらなかったので次に挑戦したのがホットプロセス。
ひまわりオイル、ラード、レッドパーム、マカダミア、ミリスチンを使ってハンドソープを作りました。
3時間こてこてこてこて湯煎しました。
22.jpg

ぶつぶつなのはアップルティをミルサーで砕いたもの。
もっとボロボロになるかと思ったけどぎゅぅぅぅ~と押し込んだらキレイにできあがりました。
すぐに手を洗ってみましたが、ピリピリすることもなく普通に使えました。


そして23バッチ目。塩石けん。
塩を入れるともちもちの泡ができるとかなんとかどこかで読んで作ってみました。
ひまわりオイル、パーム核、パーム油、ミリスチン、ステアリン。
メンクリを5%、塩5%。

結果。
よくわかりませんでした。
同じレシピで塩なしも作ってたらわかったかな。
しかも塩を入れるとボロボロになるんですね。
23.jpg

手に持つだけで崩れていきました。
触った感じは落雁です。


24バッチ目。
100均で売ってる丸い氷ができる型に入れました。
ひまわりオイル、パーム油、パーム核、ステアリンで。
24.jpg

地球に見えるように作ったつもりが、中には脳みそに見えたものもありました。


25バッチ目。
紅花油、椿オイル、ココナツ油、ひまし油(SF)、ミリスチン、ステアリンを使ってシャンプーバー。
25.jpg

ウルトラマリンのちょうどいい量がわからなくてびっくりする色になりましたが
メンクリが気持ちよく、リキッドソープにない気持ちよさでした。


そうそう、そんなこともあった!と共感していただけましたらポチお願いします…

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
にほんブログ村
  1. 2011/10/14(金) 01:06:08|
  2. 2008年
  3. | コメント:0

21

手作り石けんを使い始めて1ヶ月が過ぎたころ、少しずつ私と息子に変化が出てきました。
私は脱ステロイドも進み、寝ている間にボリボリ掻くことが少なくなりました。
息子は寝癖がつかなくなりました。(息子はロン毛です)

それを見たダンナが「…オレの石けんも作ってもらってもいいよ…」と言い出しました。
「そんな溶けやすい石けんなんかいらない!めんどくさい!」と言ってたのにです。

ですのでありがたく作らせていただきました。
「溶けくずれはイヤ!泡立たないのはイヤ!」と言うので
ココナツオイルとラードが多め、ひまわりオイル、レッドパームオイル、ミリスチン酸です。
21.jpg

この大きさは足に落とすと痛いのであとで「殺人石けん」と命名されましたが女性の手には余るので今でも男性用です

このたび、ブログ村に登録しました。
よろしければクリックおねがいします♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
にほんブログ村
  1. 2011/10/13(木) 19:33:30|
  2. 2008年
  3. | コメント:0

17.18バッチ目

17バッチ目ともなると、ほかのソーパーさんのようにスイーツな石けんが作りたくなりました。
型は100均の鉢の受け皿の底をくりぬいて、もう1枚重ねたもの。
型入れ直後は「私ってやるぅ~♪」と勘違いしましたが、


少し時間が経つと下の石けんにたっぷり入れたローズヒップパウダーかフルーツティーか、はちみつを吸って
真っ白だったはずのクリーム部分が茶色になりました…
17-3_20111012173232.jpg

ちょっとこんなことしてみたりして。
17-5_20111012173231.jpg

下の石けんはオリーブオイル、ひまわりオイル、ラード、パーム核油、ローズヒップオイル、ステアリン、ミリスチン。
クリーム部分はひまわりオイルメインでステアリン、ミリスチンを少し入れました。
たっぷりのローズE.Oを入れたのでいーーーい香りでした。
17-6_20111012173231.jpg

そして19バッチ目。
カヌレのシリコンモールドを買って作りました。
ちなみにモールドは何個か持ってますがお菓子は作ってません。
19_20111012173231.jpg

内側はオリーブ、パーム核、ミリスチン、ステアリン、ローズヒップオイル、カカオバター、ラード。
外側はオリーブ、カカオバター、ミリスチンです。

チョコレートケーキらしくしようとはちみつとココアパウダーを後入れしましたが、
よく考えてみると私はチョコアレルギーなので作ってる最中、頭痛がしましたので知り合いに使ってもらいました。
その後作ったカカオバターのクリームも手に塗ってみたらピリピリ!として真っ赤になったし、チョコアレルギーの人はカカオバターは要注意のようです。
  1. 2011/10/12(水) 18:00:32|
  2. 2008年
  3. | コメント:0

12~15バッチ目。

12バッチ目。
お友達に、「マルセイユ石けんはどう?」と提案してもらって「そういや石けんの基本だな」と作りました。
12-1.jpg

だんだん見た目を気にするようになったので2日に分けてレイヤーにしてみました。
白っぽい部分はオリーブオイル、ココナツ油、ラードで、黄色はラードの代わりにレッドパームオイルです。
12-3.jpg

思ったとおり、チーズケーキのようにできてうれしかったです。


13バッチ目。
マルセイユの次はキャスティールだろうと、
オリーブオイル、ラード、ミリスチン酸、月見草オイルで挑戦してみました。
ら。
13-1.jpg

すんごいジェル化でぐにゃぐにゃん。
こんな羊羹みたいな石けん、作るつもりはなかったのに。
型出しも大変でした。

それでも熟成後はそれなりに固まりましたけど上に乗せたクレイが毒々しく気持ちの悪い石けんになりました。
13-6.jpg
1ヶ月置くと色はちょっと落ち着きますね。


14バッチ目。
とにかく汚れを落とす石けんを作ってみたくて竹炭パウダー、オレンジピール、イチゴシードを使った石けん。
14.jpg

見た目はかわいくできました。
ところが、スクラブ効果どころか、ピリピリ感のある石けんになりました。
顔には使えませんでしたので手洗いに降格した石けんです。


15バッチ目。父への石けん。
8バッチ目の石けんを気に入ってくれたので今度は夏用にメンソールクリスタルとオレンジピールと炭パウダーを入れました。
炭パウダーが、レッドパームのオレンジと混ざって緑になりました。
15.jpg
しかもジェル化に気をつけたら今度はソーダ灰。
ジェル化するときとしない時の微妙な保温がわからないときでした。
今もあんまりわかってないですけど。


このころ、だんだん自分の肌に変化が現れはじめました。
まだ完璧とはいえませんでしたが痒くてたまらん!と言う状態ではなかったです。
少しずつお薬を減らしていって脱ステロイドの時期です。
  1. 2011/10/11(火) 01:10:07|
  2. 2008年
  3. | コメント:0

9.10バッチ目

1バッチ目、2バッチ目を1ヶ月置かずフライングで使ってみて「なんかいいかも♪」と思った私は
それからどんどん石けんを作りました。
2008年に作った石けんはなんと50バッチです。

では9バッチ目。
9-2.jpg

2バッチ目と同じレシピで。
ミリスチンを入れたため、トレースは1秒。
無理やりぐるぐるしての型入れでした。

10バッチ目。
ミリスチン酸100%リキッドソープ。
10.jpg

某所で見て作ってみたものです。
レモンE.Oと食用着色の黄色を使ったのはただ気分です。
泡立ちはサイコーなんですが、汚れが落ちてるかといえばよくわからないし、
時間が経てば沈殿物があるしで使いにくいものでした。
  1. 2011/10/10(月) 23:09:18|
  2. 2008年
  3. | コメント:0

6.7.8バッチ目

まだ1バッチ目が解禁になってないとき、「石けんを作ったよ」と友達に報告したところ、
「試したい」と言われました。
で、初めて作ったアクリルモールドを早く試したくて作ったのが6バッチ目。
6-1.jpg

1バッチ目と同じオイルで。
一応私が使ってみて大丈夫そうだと確認してから使ってもらったのですが
今考えると本当に怖いことをしてしまいました。
6-2.jpg

そして7バッチ目。
これは2バッチ目と同じオイルでアップルティを水分置き換えにして使いました。
7.jpg
チャーシューができたかと思いました…

8バッチ目。
父なら実験に使ってもいいだろうと作りました。
ココナツオイル、オリーブオイル、ラード、レッドパームオイル、ミリスチン酸。
プリンと卵豆腐の容器に型入れしてみました。
8-1.jpg

レッドパームオイルってキレイな黄色になるんですね。
8-2.jpg

このほかにもいろいろ人に使ってもらいましたが、本当に今では考えられないことを
してしまったと思います。
なんでそんなに自信があったんだろう…?
たまたま運良くなにも悪いことは起こらなくてよかったです。
  1. 2011/10/09(日) 23:10:09|
  2. 2008年
  3. | コメント:0

5 液体

1バッチ目の解禁がまだだというのにこのころ、液体のシャンプーが作りたくなりました。
きっと私なら固形石けんでシャンプーなんてメンドくさくなると思ったからです。
(じゃぁなぜ1バッチ目の石けんを椿オイルメインにした?)

椿オイルとパーム核だけで、まずはアルコールを使わずホットプロセスで作りました。
今は肌が丈夫になりましたがそのころはアルコールを使うとブツブツができていたので
ムリかなーと思ったんです。
(現在はアルコールを使っています。)

弱火で70℃~80℃で4時間湯煎です。
5.jpg

アルコールを使う方法と違って、これは希釈後、透明感がありませんでした。
合計7回エタノールなしを作りましたがどれも希釈後は白濁していました。

その後はオリーブオイルにしてみたり、紅花油を入れてみたり、ココナツ油を使ってみたりしましたが、
今はひまわりオイル、椿油、パーム核に落ち着いています。
  1. 2011/10/05(水) 03:46:46|
  2. 2008年
  3. | コメント:0

3と4

1バッチ目、2バッチ目がとりあえずできた私は気をよくして手順を忘れないうちにまた作ろうと
キッチンソープを作ることにしました。
ますは消臭ができそうなのでコーヒーでソーダ水を作ってカスも入れようとすり鉢でゴリゴリ。
あんまり細かくなりませんね。
3-1.jpg

早速違う形にしたくて綿棒の開き箱の底をカッターで切ってひっくり返して型入れしました。
3-2.jpg

ラード75%、ミリスチン酸6%、グレープシードオイル18%。
さすがラードメイン、しっかり硬かったです。
3-3.jpg

確かこれ、カットしたてですよ。ガッチガチです。
3-5.jpg

またまた気をよくして(もう作るのが楽しくて♪)4バッチ目もキッチンソープを作りました。
これもオイルは同じです。
4-2.jpg

カモミール&ペパーミントティをミルサーで砕いて混ぜて、オレンジF.Oを入れたので
最初はいーい香りでしたが、グレープシードオイルを使うと酸化しやすいとか。

すぐに酸化臭がするクサイ石けんになってしまいました。
このふたつ以来、グレープシードオイルは使っていません。
  1. 2011/10/04(火) 23:58:06|
  2. 2008年
  3. | コメント:0

ファーストバッチとセカンドバッチ

まずは記念すべきファーストバッチ

1バッチ

体が痒くて痒くて早く作りたかった割には道具や本を取り寄せで1ヶ月準備したので根拠のない自信があり、
なんのレシピも見ずにいいと思ったオイルを使ってとりあえず作ってみた石けん。
今思うと恐ろしい…

椿オイルメインで、シアバター、パーム核、ホホバオイル、ミリスチン酸、月見草オイル、GSE、ピンククレイを使いました。
シャンプーにもできるんじゃない?と欲を出して動物性のオイルはナシで。
使い心地は…悪くはないです。
それまで使っていた普通の石けんに比べれば、の話。
でもなんかとろけやすいし、「おお!」という感動もないのも事実でした。

シアバターなんか30%も入ってるのに~

258gの少量バッチで作ったのにいまだに残っててチビチビ使ってます。


セカンドバッチ

2バッチ

とあるHPからのレシピを元に作ってみた息子の石けん。
1作目に懲りずに割合は変えてみたもの。

オリーブオイル、ラード、パーム核、ひまし油、マカダミアナッツオイル、ミリスチン酸を使って
ペットボトルで作りました。

これはなかなか使い心地がよくて、息子もけっこう喜んで使ってくれたので4年たった今も
冬は馬油を足したりして配合を変えつつ、欲しいと言ってくれる人にまずおすすめする石けんです。
そして誰にも喜んでもらえる石けんになりました。


ところで牛乳パックで作ったのはこの2作だけ。
20080220025110.jpg

きちんと固まるのが待ちきれずに無理やり型出しした、この角の崩れ具合が今となっては懐かしい…
  1. 2011/10/02(日) 21:41:56|
  2. 2008年
  3. | コメント:0

こんにちわ♪

かもみぃゆ

Author:かもみぃゆ
はじめまして。かもみぃゆと申します。

このブログは手作り石けん作りを過去の分から記録しています。
まずは はじめに。 を読んでいただけたらうれしいです。
尋常性乾癬と脂漏性湿疹に苦しめられてきた私が挑戦、いつのまにか「どこの化粧品を使ってるの?」と聞かれるまでになった手作り石けんの記録です。
ハーブにも興味があっていろいろお庭に植えています。

石けんを作り始めて9年目のまだまだ新米ソーパーですが、シニアソーパーとして出張で石けん教室をさせていただいております。
基本の石けんから簡単な方法で作ります。
また、いろいろカスタマイズしての複数作成レッスンにも対応いたします。
アレルギー用、尋常性乾癬用、シャンプーバー(特に薄毛用)には自信があります。
県内の場合、車でまいりますので高速道路を使ったときは高速料金のみ、いただきます。
そのほかはご相談ください。
興味のある方は下のメールフォームからご連絡ください。

どうぞよろしくおねがいします♪


・一社)ハンドメイド石けん協会 
  2016年度シニアマイスター
石けん製造販売マイスター
犬の石けんマイスター
・ICA国際クレイセラピー協会 
  インストラクター
・腸トレ® インストラクター
・一社)日本アロマ蒸留協会 
  マスターアドバイザー
  ホームケアアドバイザー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ぽちっとしていただけると励みになります(b・ω・b)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
にほんブログ村

最新記事

カテゴリ

未分類 (13)
はじめに (2)
2008年 (19)
2009年 (8)
2010年 (8)
2011年 (10)
2012年 (40)
2013年 (33)
2014年 (10)
使い捨てモールド (30)
自作シリコンモールド (3)
ハーブ (14)
庭 (2)
道具 (26)
コスメなど (13)
2012.韓国 (6)
お教室に行きました (31)
おデート❤ (3)
思うこと。 (4)
お土産コーナー (4)
不健康日記 (5)
お勉強会 (3)
お教室 (12)
イベント (6)
限定記事 (5)
HSA (5)
2014 NYへ (8)
石けんラボ (2)

検索フォーム

こんなヤツですがどうか
よろしくおねがいします

この人とブロともになる

s-20100316234609cc4_20111109193306.jpg

リンク

使い捨てモールドのショップです

参考にしているサイト

使わせていただいた素材

一般社団法人ハンドメイド石けん協会 一般社団法人 ハンドメイド石けん協会

ハンドメイド石鹸倶楽部

手づくり石けんwebさん
石けんラボコーナーでThree Whisksの3人で実験レポートさせていただいてます♬ 手づくり石けんwebさん
石けんラボコーナーでThree Whisksの3人で実験レポートさせていただいてます♪

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR